とらじの突撃恋愛

筆者とらじが出会いについて体当たりで体験してその体験談やノウハウをアップしていこうと思います。涙あり笑いありそして恋愛経験の少ない人にも勇気をもってチャレンジする心を持ってもらえればと思っています。

失敗談

ここで失敗談を一つ。

 

出会い系でマッチングされた女性と飲みに行くことに。

私の家からは電車で約50分ほど。近くはない距離だ。

 

駅の改札で待ち合わせ、写真を見る限りまぁ普通くらい、ちょっとギャル風かなと。A子さんとさせていただく。

 

実際あってみて写真よりも可愛くてテンションも上がりそのまま居酒屋へ。

和の居酒屋だったので私は日本酒をA子さんも日本酒を。

話も弾み私この近くで独り暮らしなんだぁ・・・と誘っていうかのような発言にドキドキしつつ飲み続ける。

 

良い感じに酔いが回ってくる私。気分も上々。

そんなときA子さんの友だちとかれしがたまたま同じ店に。(今となってはほんとうにたまたまかは分からないが)

 

相手は夜のお仕事をしているカップルでキャバクラとその店の店長のようだ。

これから移動してカラオケに行こうと言うことにり少し渋々ながらも場所を移動した。

 

カラオケにつくやワインを頼みイッキコール。みんなでイッキ。ちょっと待て、私はそんなに若くない・・・と思いつつもことわれずワインをイッキ。数杯飲んだところから記憶がない。

 

 

 

気づくと病院のベットの上だった。点滴を打たれている体が動かない、そして猛烈な吐き気。

 

間違いない!急性アルコール中毒だ!!

 

 

そう認識するのに時間配分かからなかった。財布は・・・!?無事だ。ほっ。

 

ホッとしたのもつかの間、先生からもうそろそろ出ていってくたさいと追い出される。洋服は嘔吐したものでもまみれている。

 

記憶はないが駅前で倒れていたらしい。

 

なっ!!記憶を無くしてる間いったい何があったのだ・・・飲んでた子に連絡するもラインも繋がらない。

 

A子からしてらきっとはた迷惑な男、いきなりアル中になった嘔吐まみれの男と言うイメージしかないのだろう。

 

考えただけでももはやプギャー(*´Д`*)だ。何が悪かったってイッキを断れずに飲みまくった私が悪い。

日本酒からのワインイッキは辛いものがある。

 

職場には連絡が入り笑い者になる。良い年して急性アル中になるバカ野郎のレッテルは1年ほどネタにされることになった。

 

でもこんな経験も今では笑い話で自分から話すし、これ以上の失敗はなかなかしないだろ。

 

みんな多かれ少なかれ恥ずかしい思いはしているのだから勇気を出して一歩踏み出してみてほしい。

 

失敗は成功の元!!